会社案内

      『技術と革新で欲しい物を形に

       

わたくしたちは、幅広いネットワーク、受注先・発注先との

信頼関係のもとで力強い組織力をもって、成長していきたいと

思っております。


社員一同、品質向上、短納期のニーズにお応えできるよう

常に、励んでおります。


産業用機械の設計から施工まで一貫した工程で、お客様の

『欲しい物を形にする』ことを第一に真剣に取り組んでいます。

私たちは、技術と革新でお客様の『欲しい』を形にすることで、

未来創造企業を目指します。


令和4年5月


              代表取締役社長 甲斐芳和

写真:事務所看板

会社概要

社名岡富鐵工有限会社
代表
甲斐 芳和
所在地〒882-0024 宮崎県延岡市大武町5317番地
TEL0982-21-0380
FAX0982-22-1141
URLhttp://www.okatomi.co.jp
e-Mail
お問合せフォームはこちら≫
営業品目
  • 精密機械部品加工
  • 製缶・特殊溶接構造品
  • 各種金属溶接、精密板金
  • 精密レーザー切断
  • 樹脂材の各種加工
資本金300万円
設立年月日昭和46年3月
従業員24名(男子:19名 女子:5名) 加工従事者:20名
取引先銀行宮崎銀行延岡支店
宮崎太陽銀行延岡支店

取扱材料
金属材:SUS、SS、C3604、アルミ、チタン、ニッケル
樹脂材:PVC、C-PVC、PP、PVDF

有資格者

職業訓練指導員資格3名
アーク溶接2名
ステンレス鋼溶接適格性2名
一級機械加工技能士2名
二級機械加工技能士2名
特定科学物質等作業主任1名
二級鉄鋼技能士1名

沿革

1971年 (昭和46年)宮崎県延岡市岡富町において、製缶を主体に開業。
1977年 (昭和52年)機械加工を拡充するため、粟野名町に工場を新築移転。
1980年 (昭和55年)旭有機材工業(株)の自動、手動バルブ部品の加工、各種取付台の製作を開始。
1989年 (昭和64年)NC旋盤を導入し、各種バルブ部品及び産業用機械部品の加工を強化。

1990年 (平成  2年)

岡富鐵工有限会社として法人化。
2000年 (平成12年)レーザー加工機を導入。
2001年 (平成13年)NCプレス機を導入。
2003年 (平成15年)ワイヤー放電加工機を導入。
2004年 (平成16年)マシニング・センターを導入。
2005年 (平成17年)『財団法人宮崎県産業支援財団』発行の経営読本に掲載。
2006年 (平成18年)

工場を大武町に移転。

2007年 (平成19年)

複合旋盤(インテグレックス)を導入。

2013年 (平成25年)

三菱炭酸レーザー加工機に入れ替え。

2014年 (平成26年)

NC旋盤(マザック)に入れ替え。

2015年 (平成27年)

マシニングセンター(オオクマ)に入れ替え。

2017年 (平成29年)

樹脂加工開始

2020年 (令和  2年)

NC旋盤(マザック)に入れ替え。

2022年 (令和  4年)

ワイヤー放電加工機(ミツビシ)に入れ替え。

アクセス

図:アクセスマップ

JR延岡駅から車で20分。 

弊社へお越しの際は、事前にお電話にてご連絡をいただけますようお願いいたします。


岡富鐵工 有限会社

〒882-0024
宮崎県延岡市大武町5317

TEL:0982-21-0380